ギター用語

ラップ塗装とは – ラップを用いて独特な模様を描く塗装方法

ラップ塗装とは

「ラップ塗装」は、塗装の方法の一つ。その名の通りラップ(サランラップやクレラップ等の食品用ラップフィルム)を用いた塗装で、自然な木目とはまた違った派手な模様を作り出すことができる。

「ラップ塗装」という言葉はギター特有のものではなく、自動車やバイク等、様々な塗装で用いられている。

ラップ塗装のギター

エフェクターにも

ギターの塗装はハードルが高いという場合、比較的気軽なエフェクターで挑戦してみるという手もある。

ラップ塗装の方法

ラップ塗装のやり方には大きく二種類あり、どちらも非常に簡単。

  • くしゃくしゃに丸めたラップに塗料をつけ、それを対象物にあてていくことで模様を付けていく方法。
  • スプレー等で塗装をした直後、乾く前にラップを貼り付けシワを付けて模様にする方法。先にシワを付けたラップに塗料を吹き、それを貼り付けても同じような模様になる。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。