ギター用語

スルーネック

スルーネックとは

「スルーネック」は、ボディエンドまで達するネック材の両サイドに、ウィング材と呼ばれるボディ材を接着するネックジョイント方式。「ジョイント方式」の一つとされるが、ネックとボディは一体なので「ジョイント」はしていない。

通常よりも長いネック材が必要になり、反りが出やすくなるため、複数の木材を幅方向に貼り合わせた合板(プライウッド)が多い。プライウッドの独特な外観を魅せるため、木目を活かしたナチュラルな塗装のものが多く見られる。

スルーネックのメリット・デメリット

  • 弦の両端が同一の木材に載っていることから、サスティーンが優れているとされる。
  • ヒールカットの自由度が高いため、ハイポジションでの演奏性が優れている。
  • ネックとボディの一体感ある独特のルックスが楽しめる。
  • 取り外しが不可能なため、メンテナンス・修理が難しい。
  • 単一の材だと反りやすい。(反りにくくするために複数の木材を貼り合わせたものも)
  • 強度が必要になるため、使える木材がある程度限られる。
  • 高額になりがち(プライウッドなら安価な製品も多い)。
セットネック
セットネックセットネックとは 「セットネック」は、ネックとボディの接合方法(ネックジョイント)の一つ。ボディのジョイント部にネックのヒール部をはめ...
ボルトオンネック
ボルトオンネックボルトオンネックとは 「ボルトオンネック」または「デタッチャブルネック」は、ネックとボディの接合方法(ネックジョイント)の一つ。ジョイ...
ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。