ギター用語

キルトメイプル

キルトメイプルとは

キルトメイプル(quilt maple)」あるいは「キルテッドメイプル(quilted maple)」は、波打った水面のようなキラキラした杢が出たメイプル材のこと。布地に綿を挟んで刺縫いされる「キルト」のように美しいということからこう呼ばれる。日本では「玉杢(たまもく)」とも呼ばれる。

ギターやベースではボディのトップ材として使われることが多く、これを「キルトトップ」と呼ぶ。ボディ表面に薄く貼られることがほとんどで、サウンドにはほぼ影響がないとされており、装飾としての意味合いが強い。

木が急激に成長することによってこのような杢が生まれるという。基本的にソフトメイプルにしか出ないとされているが、稀にハードメイプルに出る場合もあるそうだ。

キルト杢の種類

キルトメイプルの中でも、特徴的なものにはそれぞれに特有の呼び名がある。

杢が広く横長なものは「チューブキルト」や「ソーセージキルト」と呼ばれる。

小さめの杢が泡のように出ているもの、通称「バブルキルト」「ブリスター(水ぶくれ)」。

キルトメイプルのグレード

美しく高級感のあるルックスになることから、高級機種に使われることが多く、良い杢目であるほど希少性も高く価格も高くなる。

杢目はその美しさによってグレード分けされ、各メーカーでその呼び方も様々。例えばGibsonなどでは「AA」や「AAA」と呼ばれ、「A」の数が多いほど評価が高くなる。

「4A」「5A」のような呼び方の場合、数字が大きくなるほどグレードが高い。

ハッキリした輪郭を持ち、よりギラギラした杢目であるほどグレードが高いとされるようだ。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。