ギター用語

ジャパンヴィンテージ

ジャパンヴィンテージとは?

ジャパンヴィンテージは、主に日本のギターメーカーが1970年代~80年代に販売したギターを指す。それよりも古い日本製ギターもジャパンヴィンテージと呼べるが、特に国内メーカーが力を入れて作っていた1970年後半〜80年代前半にかけてのギターを指すことが多い。ジャパンンテージと表記されることも。

2003年にシンコーミュージックが1970年代の国産ギターを取り上げた『ジャパンヴィンテージ Vol.1』を出版したのをきっかけに、ジャパンヴィンテージという呼称が広まったとされる。

ヴィンテージの意味

「Vintage(ヴィンテージ)」は、もともと「(ワインに使う)ブドウの収穫年」を指す言葉。現在は、「豊作の年に醸造した高級ワイン」という意味で使うことが多い。

ワイン以外で使う際は、「古くて価値のある」「年代物の」といった意味で使われる。ヴィンテージの定義は製品によって異なり、何年経てばヴィンテージになるというハッキリとした定義はないが、「生産が終了している」ことがひとつの条件となる(後継シリーズが生産されているケースもあるが、当時のモデルが生産終了している製品)。

ギターの場合は、国産に限らず古くて価値のあるギターを「ヴィンテージギター」と呼ぶ。ヴィンテージの定義が難しいが、1980年以前(主に50年代、60年代、70年代)のギターを指すことが多い。

ジャパンヴィンテージの歴史

1970年代、Greco(グレコ)、TESCO(テスコ)、YAMAHA(ヤマハ)、Tokai(東海楽器)、FERNANDES(フェルナンデス )、Aria(アリア)といった国内メーカーが、フェンダー・ストラトやギブソン・レスポールといったモデルを精巧にコピーし、国内で販売を始める。当時のフェンダーやギブソン製のギターは高価で手に入りにくくかったため、国産メーカーがコピーモデルやオリジナルモデルを販売するようになった。

YAMAHAのSGシリーズなど現在も生産が続いている機種もあるが、1970〜80年代はじめにかけて発売されていたモデルはジャパンヴィンテージと呼ばれる。フェンダーやギブソンのヴィンテージギターと比べると安価であること、海外製のギターにはない独自のデザインのモデルもあることから、ジャパンヴィンテージを求める人も多い。

ビザールギター

古いギターの中には、ビザールギターと呼ばれるものがある。ビザールギターは、個性的な形状のギターを指す。「Bizarre(ビザール)」は、「奇妙な」「変な」という意味の言葉。その言葉のとおり、「変な(形の)」ギターを指す。

ジャパンヴィンテージの中には、ビザールギターと呼ばれる独創的なギターも多い。1970〜80年当時、フェンダーやギブソンといった大手のギターメーカーに対応するため、国産メーカーは独創的な形のギターを生み出した。海外にもビザールギターはあるが、ジャパンヴィンテージ、かつビザールギターのモデルが多い。

後ほど紹介するTEISCOのSpectrumシリーズなどの特殊な形状をしたモデルがビザールギターと呼ばれる。

Airline MAP DLX Black
ビザールギタービザールギターとは? ビザールギターは、「変わった形のギター」を意味する。「Bizzare(ビザール)」は、「奇妙な」という意味の英単...

代表的なジャパンヴィンテージ

Greco(グレコ)- EGシリーズ

型番に「EG」がつくEGシリーズは、1970年代にGrecoが製造していたレスポールのコピーモデル(1980年にギブソンから提訴されるまで製造)。「EG1000R」は最上位モデルで、レスポールカスタムをコピー。ヘッドのインレイまで精巧にコピーしていた。

TEISCO(テスコ)- Spectrumシリーズ

TEISCOは、1985年頃まで存在した日本のギターメーカー。Spectrumシリーズは60年代はじめに日本で起こった第一次エレキギター・ブームで人気を博したモデルで、1990年以降に復刻モデル(リイシュー)が販売されるなど今なお高い人気を誇る。

独特の形状とカラフルなスイッチが目を引く「Spectrum 5」

Tokai(東海楽器) – LSシリーズ

ギブソン・レスポールを細部まで再現したTokaiの「LSシリーズ」。現在も製造されているシリーズで、1970〜80年代のモデルはジャパンヴィンテージとして人気が高い。

こちらはTokaiが1980年前半に製造していた「Tokai breeyzy sound」。ロゴをよく見ると、フェンダーの「スパゲティロゴ」と酷似している。フェンダのロゴと見間違えてもおかしくない。さすがに似すぎてフェンダーからお叱りを受け、以降はロゴデザインが変更されたそうだ。

YAMAHA – SGシリーズ

YAMAHAの代表的なモデルで、現在も製造されている「SGシリーズ」。ギブソン・SGを想起させるデザインと名称のモデル。こちらは1983年製のジャパンヴィンテージ「SG1000」。

ビザールギターでもあるYAMAHAの「SG-3」。

Guyatone(グヤトーン)- LG1000

Guyatoneは2013年まで存在した日本の楽器メーカー。こちらの「LG-1000 Standard “Glory”」はジャパンヴィンテージの中でも希少なモデルで、なかなかお目にかかれない。

Guyatoneはビザールギターでも有名で、安価な価格で手に入るモデルも多い。

H.S.Andersonの「Mad Cat」

H.S.Anderson製の「Mad Cat」は、海外でも人気の高いジャパンヴィンテージ。H.S.Andersonの「Mad Cat」は、1974年、ESPの創設者である椎野秀聰氏がモリダイラ楽器からの依頼によって立ち上げたブランド。

Prince(プリンス)が映画『Purple Rain』で使用し、愛用したことで世界的に有名になった。今なお根強い人気を誇るジャパンヴィンテージ。H.S.Andersonのブランドは消滅したが、モリダイラ楽器が復刻版を販売している。

H.S.ANderson製のギターMad Cat

Mad Catについて詳しくは以下の記事で。

H.S.ANderson製のギターMad Cat
Mad Cat / H.S.AndersonMad Cat(マッドキャット)とは MAD CATは、モリダイラ楽器のブランド・H.S.Andersonのギター。H.S.Ander...
H.S.AndersonH.S.Andersonとは? H.S.Andersonは、ESPの創業者である椎野秀聰(しいな ひでのり)氏が1974年に立ち上げた...

ジャパンヴィンテージの価格

フェンダーやギブソンのヴィンテージギターは50〜100万円と高価である場合が多い。対してジャパンヴィンテージは、大手メーカーのヴィンテージギターと比べると価格は抑えめ。希少性やコンディションにもよるが、安いものだと5万円前後で手に入るものも。

ジャパンヴィンテージのクオリティに関してはモデルやコンディションによるが、賛否両論があり一概に良いとも悪いとも言えない。精巧に作られたコピーモデルもあるので、状態の良いジャパンヴィンテージを探すのもひとつの楽しみ方である。フェンダーやギブソンのヴィンテージギターは高価なので、手頃な値段のジャパンヴィンテージを探してみるのもいいかもしれない。

ABOUT ME
モジャー・メイヤー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036,#039 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、SIAM SHADE、VAN、HALEN