ギター用語

コンター加工

コンター

コンター加工とは・意味

「コンター」「コンター加工」は、ボディの一部を削り弾きやすくする加工のこと。

演奏中に体がギターに触れる部分を削って曲面を持たせ、演奏性を高めたり身体への負担を減らすためのもの。特に長時間の演奏になると、そのありがたみを実感できる。

ストラトキャスターの開発時に生まれたもので、Fender社が特許を取得している。

英語で「コンター(contour)」は「輪郭を描く」という意味を持つ。

エルボーコンター

肘の当たる部分のコンター加工を「エルボーコンター」あるいは「エルボーカット」と呼ぶ。

段差を付けたデザインのエルボーコンター

テレキャスタータイプのエルボーコンター

ストラトよりも歴史の古い伝統的なテレキャスターの表面はフラットだが、コンター加工を施したテレキャスタイプ製品も珍しくない。

アコギのエルボーコンター

アコースティックギターにも、エルボーコンター加工がされたものがある。

ドロップトップ

「ドロップトップ」は、エルボーカットされた形状のバック材に、曲げたトップ材を張り合わせる加工。

トップ材の杢目を切り落とすことなくコンターができる。

バックコンター

ボディの裏面、身体に当たる部分を削る加工は「バックコンター」や「ボディコンター」「ウエストコンター」等と呼ばれる。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。