ギター用語

コンポーネントギター – 社外製部品を集めて組み上げたギターのこと

コンポーネントギター

コンポーネントギターとは・意味

「コンポーネント(component)」は、英語で「部品」や「構成要素」を意味する言葉。

ギターには様々な「部品」が使われているが、この場合の部品とは「トレモロユニット」だったり「ピックアップ」だったりといった一つの機能を持つまとまりを指している。これらの部品はさらに分解して、ネジやバネなどに細分化することができるが、これらは機能を持たないため、ここで言う「コンポーネント」=「部品」ではない。

「コンポーネントギター」は、そういった「部品」を集めて作られたものを指している。つまり、トレモロユニットやピックアップといった部品を社外から取り寄せ、それらを組み合わせて出来上がったギターを、「自社ブランド」の製品として売り出したものが「コンポーネントギター」である。

市販の部品を買い集め、工房に組み込みや塗装を依頼したセミオーダーのようなギターも、あるいは自分で組み込んだギターも、「コンポーネントギター」と呼べるということになる。

代表的なコンポーネントギター

コンポーネントギターの先駆け的存在と言えば、Sadowsky(サドウスキー)

リペアショップとして創業したサドウスキーはその後、各一流メーカーから部品を取り寄せるなど、組み込み以外を外注して自社ブランドのギターを販売していた。

日本でのコンポーネントギターの草分け的存在と言うと「MOON GUITARS」が上げられる。SchecterやTom Andersonのボディやパーツを使いコンポーネントギターの製造・販売をしていた。

MOON GUITARSについて詳しくはこちらの記事で。

国産ギターメーカーMoon
MOON GUITARS(ムーンギターズ)MOON GUITARS(ムーンギターズ)とは MOON GUITARSは、東京都町田市に本社を置くコンポーネントギターメーカー。19...

「コンポーネントギター」=「ハイエンドギター」?

実際のところ、「コンポーネントギター」あるいは「コンポーネント系ギター」という言葉は、「ハイエンドギター」と同じような意味で使われていることが多い。

「ハイエンド」とは、価格や性能などが最上級であることを意味する。SuhrやTom Anderson等は「ハイエンド」と呼ぶにふさわしいが、厳密な意味での「コンポーネントギター」とは言えない。

しかし、現代のエレキギターの世界において、コンポーネントギターにハイエンドと呼ばれるものが多いことから、これらの言葉が同列に並べられているものと考えられる。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。