ギター用語

バーナー加工

バーナー加工

バーナー加工(ギター)とは?

「バーナー加工」は、文字通りバーナーを使って木材の表面を炙る加工のこと。木材の導管の部分をなぞるようにバーナーの炎を当てることで、木目がハッキリと目立つようになる。「バーナーフィニッシュ」とも言われる。

特にアッシュ材のような、導管のくっきりとした木材に適した加工。

バーナー加工の方法・様子

実際にバーナー加工が施される様子の動画。

バーナーで焼くだけというシンプル作業なので簡単そうに見えるが、長く炎を当てすぎると必要以上に焼けてしまうので、意外と繊細な作業が必要になりそうだ。

かなり炎を当てて色濃く加工している動画

バーナー加工と塗装

木目を活かした加工ということでナチュラルなフィニッシュが多いが、濃いカラーの塗装をしても木目がハッキリとわかる。

サウンド面に影響は?

基本的にはルックス面での効果が期待される加工だが、焼くことで木材がより乾燥し、抜けの良い音になるのではという声もある。実際の加工の様子を見てみると、バーナーを当てるのはごく軽くなので、サウンドにまで影響があるかは定かではない。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。