ギターモデル

Mad Cat / H.S.Anderson

H.S.ANderson製のギターMad Cat

Mad Cat(マッドキャット)とは

MAD CATは、モリダイラ楽器のブランド・H.S.Andersonのギター。H.S.Andersonは、1973年にモリダイラ楽器からの依頼により、ESPの創業者である椎野秀聰(しいな ひでのり)氏が立ち上げたブランドで、椎名氏がギターのデザイン・設計を行った。MAD CATは同ブランドを代表する人気モデル。PrinceがHOHNERブランド製のMad Catが使用(後述)したこともあり、世界的にも知られている。

参照:HS-1/Mad Cat – モリダイラ楽器

H.S.Andersonの由来や他のギターモデルは別記事で詳しく解説

H.S.AndersonH.S.Andersonとは? H.S.Andersonは、ESPの創業者である椎野秀聰(しいな ひでのり)氏が1974年に立ち上げた...

Mad Catの生産の歴史

  • 1970年代
    Mad Catは1970年代に生産されていたが、H.S.Andersonが1980年代にブランドをたたみ生産終了となっていた。

    こちらはMad Cat発売当時の広告。

  • 1980年代
    H.S.Andersonブランドの所有社であるモリダイラ楽器は、ドイツの楽器メーカー・HOHNER(ホーナー)社のアメリカ支社から依頼を受け、Mad CatをHOHNERブラントとして生産。HOHNERブランドを冠したMad Catは海外向けに発売され、その一本がPrinceの目に留まり、1984年公開の映画『Purple Rain(パープル・レイン)』のプロモーションビデオで使用された。

    HOHNERから発売されていたMad Catは、「HOHNER The Prinz」というモデル名であった。これは、Princeを意識して付けられたと思われる。

    Mad Catは、アメリカのピックアップブランド・Bill Lawrence(ビル・ローレンス)ブランドでも発売。Bill Lawrenceは1990年前半にブランドが消滅しており、現在、同ブランドのMad Catは生産されていない。

  • 2000年代
    モリダイラ楽器は、2009年にMad Catを少量で復刻生産。2011年にはモリダイラ楽器45周年記念として再復刻。現在(2020年)も少量ながら生産されている。

Mad Catの特徴

Mad Catは、テレキャスターを模したモデルである。一般的なTLタイプにはないセンターラインが特徴。復刻版のピックアップはBill Lawrence T-I/T-IIを搭載。
H.S.ANderson製のギターMad Cat

バックにもセンターラインが入っている。

虎べっ甲のピックガードもMad Catのデザインの特徴。よく見ると、ブリッジプレートも虎べっ甲柄になっている。
H.S.ANderson製のギターMad Catのピックガード
H.S.ANderson製のギターMad Catのネック

復刻版のヘッド。オリジナルのヘッドデザインと少し異なる。オリジナルは猫のイラストが後ろに描かれていた。

画像:H.S.Anderson MAD CAT

希少なホワイトフィニッシュ仕様のMad Cat

PrinceとMad Cat

Prince(プリンス)は生前、Mad Catを愛用していた。オリジナルのH.S.Anderson製のMad Catではなく、HOHNER製のMad Catを所有していたそうだ。3本所有していたという話もある。

Prince初主演映画『Purple Rain』のプロモーションビデオでは、PrinceがMad Catを弾いている姿が映っている。

試奏動画

1979年製造のオリジナルのMad Catと復刻モデルを比較した試奏動画

ABOUT ME
モジャー・メイヤー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036,#039 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、SIAM SHADE、VAN、HALEN