ギターモデル

Duo-Sonic(デュオソニック)

Duo-Sonicとは

Duo-Sonic(ディオソニック)は、フェンダー社が1956年に発表したギターモデル。学生でも購入しやすい価格帯のスチューデントモデルとして発売された。

Duo-Sonicは、Musicmaster(ミュージックマスター)と同時期に開発されたモデルで、両機はボディシェイプやスペックが非常に似ている(違いについては後述)。Musicmasterが先に発売され、その2ヶ月後にDuo-Sonicが市場に登場した。

1956〜1969年に生産されていたが廃盤となる。その後、1993〜1999年にフェンダーメキシコからリイシューが、2008〜2011年にフェンダー傘下のスクワイヤから再販される。2016年にリニューアルし再びカタログに加わった。

Musicmasterとの違い

Duo-SonicとMusicmasterは、ピックアップに大きな違いがある。Duo-Sonicは2ピックアップだが、Musicmasterはフロントにシングル1発の1ピックアップの仕様。Duo-Sonicにはトグルスイッチがあるが、Musicmasterにはないのも大きな違い。それ以外のスペックはほぼ同じ。

1963年製のMusicmaster(写真左)と、1958年製のDuo-Sonic(写真右)。

Musicmasterはこちらの記事で解説

Musicmaster(ミュージックマスター)Musicmasterとは Musicmaster(ミュージックマスター)は、フェンダー社が1952〜1982年に製造していたギターモ...

Duo-Sonicの特徴

Duo-Sonicは生産時期や再販版によってスペックが異なるので、違いを年代別に解説する。

1956–1959年の仕様

■ピックアップ
2ピックアップ、1ボリューム1トーンの仕様。トグルスイッチでピックアップを切り替え。スイッチをミックスポジション(センターポジション)にするとシリーズ配線になる仕様で、シングルコイルでありながらハムバッカーのような太い音になる。

後にギブソンがハムバッカーを開発するが、フェンダーはそれよりも前に似たような機構を開発している。

■ボディシェイプ
初期モデルのボディウエスト(くびれ)は左右対称で、オフセット(左右非対称)ではなかった。

■ネック / 指板
1956〜1959年頃まではワンピースメイプルネック。

■スケール
スケールは22.5インチ。フレット数は21。

■ピックガード
アノダイズ仕上げアルミニウム製ピックガード。発売当初はアノダイズ仕上げのアルミニウム製ピックガードであったが、1959年の再設計の際にプラスチックのピックガードなった。アルミニウムのピックガードは、ヘアライン加工(細かい傷を付ける加工)したアルミ板材を電極処理して酸化皮膜で金色に着色していた。

1959–1964の仕様

■ネック / 指板
1959年からローズウッド指板に。1958年はフェンダーがメイプルネックからローズウッド指板に切り替え始めた時期で、Duo-Sonicもそれに合わせて仕様変更となった。

ローズウッド指板に変更した当初はスラブボードであったが、後にラウンドボードに変わった。

スラブボード
スラブボード - 分厚いローズウッド指板のことスラブボードとは 「スラブボード」「スラブ指板」あるいは「スラブ貼り」は、ローズウッド指板とネックとのラミネイト方式の一つ。指板とネッ...

■ピックガード
アルミニウムからプラスチックのピックガードに。

1964-1968年の仕様

1964年のMustang(ムスタング)の発売に合わせ、Duo-SonicとMusicmasterも大幅に仕様変更。この時期は「Duo-Sonic Ⅱ」というモデル名で販売されていた。ヘッドのデカールに「Ⅱ」が付いた個体と付いていない個体がある。

Duo-Sonic Ⅱのデカール

■ボディシェイプ
ボディがMustangと同じ仕様となる。サイズは少し大きくなり、ウエストは左右非対称のオフセットになった。

オフセットギターのジャズマスター
オフセット・ギターとは - ボディのウエストの位置が左右非対称になっているギターオフセット・ギターとは? 「オフセット・ギター」は、ジャズマスターやジャガーなど、"ボディのウエストの位置が左右非対称"になっているシ...

■ピックアップセレクター
ピックガード下部にあったトグルスイッチが廃止となり、代わりに、ピックガード上部に2つのピックアップセレクターが設置された。2つのピックアップセレクターはそれぞれリアとフロントのピックアップに対応しており、フェイズ(位相)効果の切り替えができる。

・リアとフロントのセレクターが同じ方向に向いている場合、フェイズイン(極性が同じになる)になってハムバッカーのような太い音になる。
・リアとフロントのセレクターが逆方向に向いている場合、フェイズアウト(極性が逆になる)になって低音域が削られた細い音になる。

■■スケール / フレット数
スケールとフレット数を以下の2タイプから選択可能であった。

・24インチスケールと22フレットネック
・22.5インチスケールと21フレットネック

■ヘッド
ラージヘッドに変更。

■ピックガード
1964年までのモデルと以降のモデルでは、ピックガードの形状が変わっている。

1964年まで:ピックガード上にボリュームノブとトーンノブを取り付ける構造
1964年から:ボリュームノブとトーンノブは金属プレートに設置、ピックガードと切り離す構造

右下の画像をよく見ると、金属プレートにボリュームノブとトーンノブが載っている。

フェンダーメキシコ製Duo-Sonic(1993〜1999年)

1993〜1999年の間、フェンダーメキシコからリイシューモデルが販売されていた。

■スケール / フレット数
22.7インチのショートスケール。フレット数は20で、オリジナルより1フレット少ない。

■ボディカラー
ブラック、トリノレッド、アークティックホワイトの3種類。

■ピックアップセレクター
ファーストモデル同様、トグルスイッチを採用。

スクワイヤ・Classic Vibe(2008〜2011年)

フェンダー傘下のスクワイヤのClassic VibeシリーズにDuo-Sonicが加わり、2008〜2011年にかけて販売されていた。Classic Vibeは1950〜70年代のフェンダー製のギターを再現したシリーズ。

スクワイヤ製のDuo-Sonicは1950年代のファーストモデルを元にしている。価格を抑えながらも、オリジナルモデルのDuo-Sonicを可能な限り再現していた。

リニューアル版(2016年〜)

2016年、フェンダーからリニューアル版のDuo-Sonicが再販された。リニューアルに伴い、シンプルピックアップ2基搭載のDuo-Sonicに加え、フロントにシングル、リアにハムバッカーを搭載したDuo-Sonic HSがラインナップに加わった。スケールはいずれも24インチ、ネックシェイプはC字型。

■Duo Sonic(シンプルピックアップ2基)
オリジナルモデルと同じく、シンプルピックアップ2基を搭載したモデル。オリジナルと異なり、ミドルポジションではシリーズ配線にならず、パラレル配線でのハーフトーンになる。

■Duo Sonic HS(フロント:シンプルピックアップ、リア:ハムバッカー)
フロントにシンプルピックアップ、リアにハムバッカーを搭載したモデル。ハムバッカーをシングルコイルに変えるプッシュ/プル式のトーンポットスイッチを搭載。

通常の>Duo SonicとDuo Sonic HSの比較動画

ABOUT ME
モジャー・メイヤー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036,#039 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、SIAM SHADE、VAN、HALEN