SVG(Scalable Vector Graphics)

読み :  エスブイジー

SVGとは、Scalable Vector Graphics(スケーラブル・ベクター・グラフィックス)の略で、XMLベースの2次元のベクター画像の記述言語、およびその技術を指す。
「Scalable」は「サイズ変更できる」という意味で、SVGはベクター画像の記述言語であるため、SVGで描画した画像は画面上で拡大縮小しても画質が劣化しない特性を持つ。
2001年9月4日にW3C(World Wide Web Consortium)勧告となり公開された。

JPEG、PNG、GIFといったビットマップ画像形式はピクセルによって描画しており、ファイルサイズが大きいためネットワークへの負荷がかかり、低解像度での対応となるため拡大すると劣化してしまう。

SVGはパス、テキスト、シェイプ、フィルター効果で画像を描画するベクトル形式で、ファイルサイズが小さいため扱いやすく、拡大表示しても劣化しない。
SVGはAdobeのIllustrator、Microsoft Office Visio、Googleドキュメントなどで読み書きが可能となっており、XMLベースの言語であるためテキストエディタでの編集も可能で、ブラウザ上で閲覧ができる。