SSL検索

読み :  エスエスエルケンサク

SSL検索とは

SSL検索はGoogleで検索を行う際にSSL通信で暗号化して検索を行う方法
SSL検索は第三者に検索内容・検索結果を傍受されることを防ぎ、
プライバシーが守られた検索ができる。
※SSLは「Secure Sockets Layer」の略で、
情報を暗号化して送受信ができるプロトコル。

通常、Googleのアドレスは「http://www.google.com」だが、
SSL通信では「https://www.google.com」から検索を行う。
「http」の後ろに「s」がついた「https」がSSL検索のURL。

SSL検索

GoogleアカウントにログインするとSSL検索がデフォルトとなる。
Googleアカウントのログアウト時、
またはGoogleアカウントがない場合は、
https://www.google.com」から検索を行うことでSSL検索ができる。

Google Analytisに表示される(not provided)

SSL検索を用いて検索が行われた場合はの検索キーワードが取得できず、
Google Analytis(アナリティクス)のオーガニック検索のキーワード欄に(not provided)と表示される。
Googleアカウントにログインしているユーザーが検索を行うと、
デフォルトの状態でSSL検索となるため、
アクセス解析ツールでは検索されたキーワードを取得することができない。

not provided

(not provided)だとキーワードが表示されないため、
SSL検索経由で訪れたユーザーのキーワード解析ができない。
サイトのジャンルやユーザー層によってGoogleアカウントのログイン・非ログインの割合が異なるため、アクセス解析に与える影響はサイトによって異なる。