トップレベルドメイン(TLD)

読み :  トップレベルドメイン

「.com」「.jp」「.net」「.info」「.biz」「.org」
といったドメインの最後の部分をトップレベルドメインと呼ぶ。
トップレベルドメイン(Top Level Domain)の頭文字をとって”TLD“と略される。

“sabanavi.com”というドメインで例えると、
.com」の部分がトップレベルドメインであり、
「sabanavi.jp」はトップレベルドメインが異なるので別のドメインとなる。

ピリオドで区切られた部分を”ラベル“と呼び
ドメインは右側から順にラベルの名前が付けられる。
右側から数えてトップレベルドメイン、
続いて第2、第3、第4レベルドメインと呼ぶ。

トップレベルドメイン

.co.jp」は日本の企業のみしか使用できないドメインで、
例えばYahooのドメイン「www.yahoo.co.jp」は「.jp」がトップレベルドメイン、
「.co」は第2レベルドメイン(セカンドレベルドメイン)となる。

ウィキペディアの日本語ドメイン「ja.wikipedia.org」なら、
最後の「.org」がトップレベルドメイン。
「ja」はサードドメイン、または「wikipedia.org」というルートドメインに対しては”サブドメイン”とも呼ぶ。