サーバ稼働率

読み :  サーバカドウリツ

サーバ稼働率とは、レンタルサーバーにおいてサーバーが正常に稼働している割合を意味する。サーバーが障害などでダウンしてしまうとWEBサイトが表示されないため、WEBサイトを安定して運営するにはサーバー稼働率が高いサーバーを選ぶ必要がある。

レンタルサーバーによって100%、99.99%、99.9%など提示しているサーバ稼働率が異なる。基本的にメンテナンスによる停止時間はサーバ稼働率に含まれないため、サーバ稼働率100%でもメンテナンスによる一時停止がある場合は実際には停止時間が発生することになる。サーバ稼働率はレンタルサーバーによって定義が異なり、例えばシックスコアでは基本的にメンテナンスは停止時間に含まないが、「5分を超える停止を伴うメンテナンスや、事前通知が行われていない緊急メンテナンスは停止時間として算出する」としている。

注意すべき99.99%、99.9%の違い

99.99%と99.9%は、一見ほとんど差がないように感じるが、1年間で換算してみると大きな差があることが分かる。

【99.99%】
365日 × 24時間 × 0.0001 = 0.876時間(約53分)

【99.9%】
365日 × 24時間 × 0.001 = 8.76時間(約8時間45分)

サーバ稼働率が99.99%の場合は年間のダウンタイムが約53分であるのに対し、99.9%では約8時間45分にものぼる。99.99%と99.9%では、実に8倍もの差が生じる。

ファーストサーバとGMOクラウドのサーバ稼働率保証

ファーストサーバではサーバ稼働率100%を保証しており、もし100%を下回った場合、稼働率に応じて月額と返金率により算出される金額を返金保証する制度を設けている。

【返金率】
100%・・・0%
99.99%~100%未満・・・5%
99.90%~99.99未満・・・10%
97.99%~99.90%未満・・・25%
90.00%~97.99%未満・・・50%
90.00%未満・・・100%
(返金額 = 基本契約の月額費用 × 返金率)

GMOはクラウドではサービス品質保証制度(SLA)を設け、サーバー稼働率の水準(99.95%)を下回った場合、利用料金を返金する保証制度を実施している。サーバ稼働率が99.95%を下回ると、基本サービスの当月分の月額利用料金の10%に相当する金額が次回請求分から減額される。