XMLサイトマップ

読み :  エックスエムエルサイトマップ

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップはXML形式で記述したファイルで、検索エンジンにWEBサイト内のURLや更新日などを伝えるために作成する。
検索エンジンのクローラーがWEBサイトを訪問した際、XMLサイトマップがなくてもWEBページはインデックスに登録されるが、クローラーは全てのページをチェックするわけではないので、XMLサイトマップを送信することでクローラーがWEBサイトの内のURLをたどりやすくなり、インデックスに登録されやすくなる。

XML形式サイトマップとHTML形式サイトマップの違い

サイトマップにはXML形式の他に、HTML形式のサイトマップがある。
XML形式サイトマップは検索エンジンのためのもの、HTML形式サイトマップは人間のためのものという大きな違いがある。
HTMLサイトマップはWEBサイト内のページやカテゴリなどを一覧にして表示したもので、WEBサイトに訪れた人がサイト内を巡回しやすいように作られる。

例えば当サイトのHTML形式のサイトマップは以下のようになっており、各ページへのリンクを一覧として表示している。
HTMLサイトマップ

対して、XMLサイトマップは以下のような内容で作られる。
XMLサイトマップ

XMLサイトマップの作成の仕方

XMLサイトマップは「sitemap.xml Editor」などで簡単に作成することができる。
このサイトではWEBサイトのURLを入力すれば自動でsitemap.xmlというファイルを作成してくれる。
あとはFTPを使ってトップページと同じ場所にアップロードすればOK。

WordPressなら「Google XML Sitemaps」といったプラグインを使えば自動でXMLサイトマップを作成してくれる。

XMLサイトマップの登録の仕方

XMLサイトマップを作成しただけではまだ検索エンジンにその存在を知ってもらえてないため、Googleウェブマスターツールでサイトマップを登録する必要がある。
ウェブマスターツールにログインし、対象サイトのダッシュボードを開いた後、
右端にある「サイトマップ」をクリック。
XMLサイトマップ-

「①サイトマップの追加/テスト」→「②サイトのURLの後にsitemap.xml」と入力し、
「③サイトマップを送信」
XMLサイトマップ