サジェスト汚染

読み :  サジェストオセン

サジェスト汚染とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際、検索候補が「詐欺」「ウイルス」などネガティブなキーワードで汚染されている状態を意味する。サジェストは検索エンジンでキーワードを入力すると関係するワードが検索候補として表示される機能。
※「Suggest(サジェスト)」は「提案する」という意味

サジェストはキーワードに続いて検索候補に表示させたいネガティブなワードを組み合わせて大量に検索することで汚染される。サジェストの内容は検索クエリの量によって変化する。誹謗中傷につながる悪質なサジェスト汚染もあり、検索エンジンに対して削除を求める裁判も起こっている。

たとえば企業名がサジェスト汚染されていて、検索候補にネガティブなキーワードが表示されると、それだけでマイナスの印象につながる恐れがある。検索候補に出たネガティブなキーワードを含んだ検索をすると、事実であるかどうかに関わらず、マイナスの意見が出てくるのは当然である。場合によってはブランドイメージ低下など深刻なダメージを与えかねない。事実であればまだしも、事実無根のサジェスト汚染はタチの悪いやり方である。

Googleのサジェスト機能
サジェスト汚染