スニペット

読み :  スニペット

スニペットとはGoogleなどの検索エンジンの検索結果に表示されるサイト/ページの概要文・要約文。「snippet」は「切れ端・断片」を意味する英単語で、検索したユーザーがどのサイト/ページを閲覧するかを判断する際に用いられる。
スニペットは検索エンジンが自動で内容を抜粋して掲載してくれるが、サイト側でディスクリプション(description)を指定することでスニペットに反映される。
ディスクリプションは<meta name=”description” content=”ページの概要”>で指定する。

ディスクリプション

スニペットとSEOの関係

スニペットは最大124文字(アルファベットは156文字前後)までが表示され、最大文字数を超えた文字「…」と省略される。スニペットはクリック数に直接影響する部分であるため、ディスクリプションを指定する場合は80~120文字の間でユーザーがクリックしたくなるような内容にまとめるとSEO的に効果があるとされる。
ただし、検索キーワードによってディスクリプションがそのまま表示されたり、一部表示されたりするため、必ずしも指定したディスクリプションが表示されるわけではない。Googleではmeta descriptionの情報が優先されるが、検索キーワードに合わせて最適化される。