検索クエリ

読み :  ケンサククエリ

検索クエリとは

検索クエリはユーザーが検索時に入力する単語・フレーズ(複合語)のことを指す。
クエリ(query)は「質問」を意味する英単語で、
検索条件などデータベースに対する要求(問い合わせ)を文字列にしたものがクエリ。

検索クエリとキーワードとの違い

検索クエリとキーワードの違いはGoogle Adwordsのヘルプに明記されている。
Adwordsによるとユーザーが検索する際に入力する語句やフレーズが検索クエリ、
広告主が広告を表示するために設定する語句やフレーズがキーワードであると解説している。

Google Adwords ヘルプ・検索クエリ レポート

例えば広告主が「レンタルサーバー 比較」というキーワードを設定している場合、
ユーザーが「レンタルサーバー 比較 オススメ」というフレーズで検索すると、
検索クエリがキーワードと部分一致する。
ユーザーの検索したフレーズが設定したキーワードに含まれているため広告が表示され、
検索クエリとしてデータが取得される。
Adwordsではどの検索クエリで広告が表示されたか、
またどの検索クエリで広告がクリックされたかを確認することができる。

Adwordsでは上記のように定義されているが、
Googleウェブマスターツールではサイトのページが検索結果に表示された際の単語・フレーズを検索クエリとして一覧表示している。
ウェブマスターツールでは表示回数の多い検索クエリ、平均掲載順位、CTR(クリック率)別に並べ替えが可能。

検索クエリ

まとめるとユーザーが検索エンジンで入力して検索する単語やフレーズが検索クエリ
サイトオーナーや広告主が検索結果にページや広告を表示させるため、設定したり狙ったりする単語やフレーズがキーワード、ということになる。

検索クエリをGoogleウェブマスターツールで確認

検索クエリはGoogleウェブマスターツールで確認することができる。
ダッシュボードのトップページ、または左メニューの「トラフィック」から検索クエリを表示できる。

検索クエリ

Google Adwordsで検索クエリを確認

検索クエリはGoogle Adwordsでも確認することができる。
上メニューの「キャンペーン」→「キーワード」→「キーワードの詳細」

検索クエリ