ポゴスティッキング

読み :  ポゴスティッキング(Pogo-Sticking)

ポゴスティッキングとは、Google検索でサイトを訪問したが、求める情報や役立つ情報がないと判断してまた検索結果に戻って他のサイトにアクセスし、そのサイトでも有益な情報がなくまた検索結果に戻って他のサイトを探す、という行動を繰り返すことを意味する。分かりやすく言うと、検索結果を行ったり来たりする行為がポゴスティッキングである。

ポゴスティッキングが起こるということは、ユーザーが求める情報とサイトに掲載されている情報が合致していない、またはコンテンツの質が低いことが原因として考えられる。Googleはポゴスティッキングをサイトの評価のひとつとして計測しているため、ポゴスティッキングが頻繁に起こっているサイトはGoogleがマイナス評価を下す恐れがある。

直帰と異なるのは、ユーザーが検索結果に戻って別のサイトで情報を求める点にある。直帰の場合はユーザーが情報を得られたことに満足してその他のページを見ずにサイトを離れた可能性があるが、ポゴスティッキングは訪れたサイトに満足できなかったと考えられる。

ポゴスティッキングを回避するには、対象キーワードとコンテンツの内容を一致させる、コンテンツの質を高めるといった対策が必要となる。