オーガニック検索

読み :  オーガニックケンサク

オーガニック検索とは

オーガニック検索は検索エンジンで広告枠を除いた検索結果の部分を指す。
ナチュラル検索(自然検索)とも呼ばれる。
例えばGoogleでは広告の表示順位は入札単価によって左右されるが、
オーガニック検索の表示結果はアルゴリズムによって決定される。
ユーザーが関心のあるコンテンツや有益なコンテンツを作成すると同時に、
適切なSEOを施すことでオーガニック検索で上位表示を狙う。
オーガニック検索で上位表示されることでアクセスの増加が見込める。

オーガニック検索

Google Anlayticsでオーガニック検索を確認

Google Anlaytics(アナリティクス)ではオーガニック検索が確認できる。
どんなキーワードでユーザーがサイトを訪れたのかを分析することができる。

左のメニューの「トラフィック」→「検索」→「オーガニック検索」を選択。
オーガニック検索のキーワードが一覧で表示される。

not provided

(not provided)はキーワードが取得できなかったことを意味する。
SSL検索( SSL通信によるウェブ検索の暗号化)は現時点ではキーワードが取得できないため、
(not provided)と表示される。
SSL検索とは?

詳しくは海外SEO情報さんのの記事が参考になる。
Google、SSL検索を日本でもついにデフォルト化 〜 Googleアナリティクスの“not provided”が急増&SPYWの下準備は整った