リンクジュース(グーグルジュース)

読み :  リンクジュース

Googleにはサイトの信用度・重要度を示すPageRank(ページランク)というアルゴリズムが存在する。
他サイトから被リンクを受けることにより、
他サイトの持つ信用度・重要度の一部が自サイトに渡される。
反対に自サイトから発リンクをすると、
他サイトへ信用度・重要度の一部が他サイトに渡される。
これをリンクジュース、またはグーグルジュースと呼ぶ。

信用度の高いサイトから被リンクを受けたサイトは信用度・評価が上がり、
発リンクをしたサイトは信用度・重要度の一部が他サイトに渡されるため、
価値のあるサイトに対してのみ発リンクをするなど、
コントロールをする必要があると考えられている。
しかし、ページランクは数ヶ月に一度しか更新されず、
あくまでも評価を知るための数値であると考えた方がよい。

リンクジュースを渡さないようにするには、
リンクの属性に「rel=”nofollow”」を付ける必要がある。
「rel=”nofollow”」を付けると検索エンジンのクローラーはリンクを辿らないため、
リンクジュースの流出を防ぐことができる。

リンクジュースに対する考え方はサイトオーナーによって異なるが、
被リンクという観点から考えると、
オーソリティーの高いサイト(価値の高いサイト)からの被リンクは価値があり、
検索エンジンに評価されるのは当然と言える。
そこにページランクという要素が加わり、
リンクジュースを渡すか渡さないかという要素が加わってくるため、
ページランクの高い中古ドメインを購入して自作自演で被リンクを行うSEO業者も多い。
※現在はGoogleが自作自演のリンク対策をとっているため、
ペナルティを受けて順位が下る危険性が高い。

→ ページランク(PageRank)とは?