フレッドアップデート

読み :  フレッドアップデート

フレッドアップデートとは、Googleが導入しているとされるアルゴリズムのひとつ。
正式な名称ではなくSEO界隈で通称として呼ばれているもので、Googleは公式にはその存在と正式名称を発表していない。
2017年3月上旬に比較的規模が大きい順位変動が起き、Googleスイスのサーチ・トレンド・アナリストであるGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏が冗談で「フレッドと呼ぶことにしよう」と発言したことからSEO界隈でフレッドアップデートと呼ばれるようになった。

フレッドアップデートによって過度に広告を掲載しているサイト低品質なコンテンツを含んだサイトの順位が大幅に下がったとの報告があがっている。
また、商標キーワードを多く含む公式以外のサイトの順位が下がったとの報告もある。
フレッドアップデートはGoogleが公式にその内容を発表していないアルゴリズムであるため正確な役割は不明だが、過度に広告を貼っているサイト、商標キーワードを多く含む公式以外のサイトの順位が下落した報告が多いことから、ユーザーの利便性よりアフィリエイトを優先したサイトがターゲットになっていると思われる。

これらに該当するすべてのアフィリエイトサイトが影響を受けたわけではないが、Googleは日々アルゴリズムに改良を加えて検索結果の質の向上に努めており、今後はユーザーにとって役に立たないサイトは淘汰されていく可能性が高い。
低品質なコンテンツを含むサイトの順位を下げるアルゴリズムと言えばパンダアップデートが有名であるが、フレッドアップデートはアフィリエイト広告を過度に掲載し、かつコンテンツの質が低いサイトの順位を下げるためのアップデートとして導入された可能性が考えられる。