ドメインエイジ

読み :  ドメインエイジ

ドメインエイジとはドメインを取得し検索エンジンにインデックスされて経過した年月を意味し、サイトのドメインが古い方がSEOに有利とされている。取得間もないサイトはドメインエイジが短いため検索エンジンに評価されにくく、開設から年月が経過しているドメインエイジが長いサイトは評価されやすい傾向がある。
半年から1年という期間ではドメインエイジにあまり差がつかないが、もっと長く運営しているサイトはドメインエイジがSEOに効果を発揮するようになる。サイトのコンテンツの内容やリンクなど総合的な要素で検索順位が決められるため、ドメインエイジが古いからといって必ずSEOに強いというわけではない。

インデックスとは?
ドメインエイジ

ドメインエイジは検索エンジンに対する概念であるため、取得した月日とドメインエイジがスタートした月日とは異なる。Googleでは最初にドメインを発見した時=始めてインデックスされた時がドメインエイジのスタートとしている。
サイト運営者が手放した、または有効期限が切れた中古ドメイン(オールドドメイン)は、ドメインエイジが古く被リンクもあるためSEO目的で取得される場合があるが、異なるジャンルのドメインや言語が異なるとSEO的に不利になるケースもある。