物欲センサー

読み :  ブツヨクセンサー

物欲センサーとは、主にオンラインゲームにおいて使われる用語で、プレイヤーが欲しいと思っているアイテムに限ってドロップしなかったり、ガチャで狙っているキャラクターやアイテムがなかなか出ない時に発生するとされるセンサーで、「欲しい!」という欲求が異常に増してくる。
元々はセガのオンラインゲーム『PHANTASY STAR ONLINE(ファンタシースターオンライン)』から生まれた用語で、現在は『モンスターハンター』などのゲームや、『パズドラ』や『艦隊これくしょん』などのソーシャルゲームでも広く使用されている。

物欲センサーが発生した時は「欲しい」という欲求と手に入らない「現実」からプレイヤーはストレスを感じ、イライラすることもしばしば。物欲センサーに振り回されないためには無欲になるよう自分に言い聞かせるのが一番だが、人間は欲にはなかなか逆らえない悲しい生き物なのである。言わば物欲センサーは人間の中に潜む魔物。

モンスターを倒すことでアイテムをドロップするタイプのゲームならまだしも、課金型のゲームで物欲センサーが働いてしまうと、レアアイテムをガチャで手に入れるために多額の課金をしてしまう危険がある。結構な額を課金をしてガチャを回しているのになかなか狙っているキャラクターやアイテムが出ないと、それはもう恐ろしくイライラすることに・・。