ソーシャルリスニング

読み :  ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングとは、SNS、ブログ、レビューサイトといったソーシャルメディアでユーザーが発信している情報や行動履歴を収集・分析し、マーケティングに活かす手法を意味する。
各種ソーシャルメディア上で発信される自社やブランドの評判や評価を集め、改善に活かすことを目的に行われる。
ソーシャルメディアではユーザーの生の声が聞けるため、ソーシャルリスニングではアンケートよりも信頼性の高い情報を収集できる。

ソーシャルメディアはTwitter、Facebook、InstagramといったSNSだけでなく、ブログサービス、レビューサイト、Q&Aサイト、ソーシャルブックマーク、電子掲示板、ECサイトのカスタマーレビューなどが含まれる。

ソーシャルリスニングの活用方法

ソーシャルリスニングでは良い評判や口コミだけでなく、不満点などネガティブな意見にも目を向ける必要がある。
クレームがないからといって問題がないというわけではなく、表面化していない問題点や不満点も存在する。
そうした問題点をクレームに発展する前に察知するひとつの方法としてソーシャルリスニングが用いられる。

ソーシャルリスニングは将来のトレンド予測に役立つ。
ソーシャルメディアでユーザーの声を集めて潜在的なニーズを掘り起こすことにより、景気動向を予測したり、他社に先んじて将来トレンドになる市場に参入したりといったことができる。
ユーザーがいま何に関心を持っているのか、どんな商品を求めているのか、現状の商品やサービスにどんな不満を持っているのかなど、ソーシャルリスニングによって収集した情報はマーケティング戦略に役立てられる。

ソーシャルリスニングに役立つツール

Social Insight
Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、LINEなどのSNSでのクチコミ分析、SNSアカウント分析が可能。

リンク:Social Insight
Social-Insight

クチコミ@係長
Twitterの全ツイートをカバー、2ちゃんねるのデータの分析も可能。

リンク:クチコミ@係長
クチコミ係長

ブームリサーチ
リアルタイムだけでなく、過去(2〜3年前)の口コミ分析も可能。

リンク:ブームリサーチ
ブームリサーチ