リードジェネレーション

読み :  リードジェネレーション

リードジェネレーションとは、「見込み客の獲得」という意味のマーケティング用語である。
マーケティングにおいて「リード」は「見込み客」を意味する。
「見込み客」は製品を買ったりサービスを利用したりする可能性があり、将来顧客になりうる可能性がある人を指す。

リードジェネレーションは大きく分けるとオンラインとオフラインの2つのアプローチの方法がある。
オンラインの手法はWebサイト運営、オウンドメディア、SEO対策、SNS運用、リターゲティング広告、ランディングページ、ダイレクトメール(DM)など。
オフラインの手法は展示会出展、イベント開催、セミナー開催、テレマーケティングなどがある。

「リードゲネレーション(見込み客の獲得)」を行った次の施策は「リードナーチャリング(見込み客の育成)」となる。
見込み客の中から購入する可能性が高い顧客を選別することを「リードクオリフィケーション(見込み客の選別)」と呼ぶ。
顧客を獲得するまえでの流れとしては以下のようになる。

リードゲネレーション(見込み客の獲得)

リードナーチャリング(見込み客の育成)

リードクオリフィケーション(見込み客の選別)

顧客を獲得するには施策を行って見込み客を獲得することが先決で、言わばリードジェネレーションは3つの施策のうちの導入部分にあたる。
オンライン、オフラインのいずれの手法を使うにしても、将来的に顧客になってくれそうな見込み客をどう集めるかが課題となる。

たとえばオウンドメディアを運営する場合、リードジェネレーションを成功させるには見込み客が求めているであろう情報を発信する必要がある。
見込み客(ユーザー)に役立つ情報を発信することでアクセスを集め、ファン化することで顧客につなげなければならない。

SEOにしても見込み客(ユーザー)が検索するであろうキーワードをリサーチした上で対策を行う必要がある。
ランディングページで集客を行う場合も同じで、見込み客(ユーザー)の検索キーワードや求めている情報をふまえてコンテンツを作ることがリードジェネレーションの成功へとつながる。