オヤカク(親確)

読み :  オヤカク

オヤカクとは、就活の際に内定を出す企業が学生の親に入社に対する意思を確認することを意味する。「(入社の可否を)親に確認」、略して「親確(オヤカク)」と呼ばれる。

本来、入社の意思の確認は学生本人にのみ行うが、最近は子供の就活に干渉する保護者が増えており、入社後に保護者からクレームを受けるのを防ぐために、入社前に親の意思を確認する企業が増えてきている。親の反対で内定後に辞退するケースもあり、企業はオヤカクを行わざるを得ない状況になりつつある。

オヤカクは学生に「親の承認を得ているか?」と確認が行われるケースが多い。中には保護者に直接採用理由などを説明するケースもある。

保護者が企業説明会に参加したり、内定式や入社式に参加するケースもあり、企業と学生だけで完結しないのが最近の就活事情の特異点といえる。企業の採用担当者の間では「オヤカク」が常識となりつつある。

未成年が就職する場合は親権者の同意が必要になるが、成人なら本来は親の承諾は必要ない。
しかし、近年、学生に内定を出しても親が反対したりクレームを言われるケースが増えており、親の承諾をとっているか確認する企業が増えている。
子供の就職活動に干渉する親が増えており、企業説明会に参加したり、内定式や入社式にまで参加するケースもある。

子供にきちんとした会社に就職して欲しい親心から、子供の就活に干渉してしまう親が増えていると考えられる。
ブラック企業の問題が取り沙汰されることが多い昨今、「労働基準法をきちんと守っている会社なのか」「収入は安定しているのか」「パワハラに遭わないか」など、親が不安になる気持ちはよくわかる。

モンスターペアレントの問題は主に学校に対して起こるものだが、最近は就活にも及んでいる。
言わばオヤカクはモンスターペアレント対策のひとつで、採用後にクレームを入れられるのを避けるために事前に確認をとっておきたい、というのが企業の本音である。