NNT

読み :  エヌエヌティー

NNTとは、「無い内定」を意味するネットスラング。「内々定NaiNaiTei)」をもじったもので、内定、または内々定がない状態を意味する。つまり「まだ内定が無い」という意味。

就活スタート時は平等にNNT(無い内定)の状態だが、就活が進むにつれて内定や内々定をもらう人が増える一方、自分はまだ内定・内々定がないという焦燥感にかられる。

内定は採用通知を出した企業と正式な労働契約を結ぶことを指す。
内々定は労働契約を結ぶ前の状態であるが、内定と同じ意味を持つ。

では何が違うのかというと、内定は経団連(日本経済団体連合会)が定めるルールによって10月1日以前に出すことができないため、内定と同じ意味合いで採用予定を就活生に約束するのが内々定である。
企業は採用したい人材に他の企業の面接を受けてほしくないため、内定が出せる10月1日以前に採用を決めた就活生に対して内々定を出す。

内々定は厳密にいえば経団連のルールに反しているが、経団連が定める内定のルールは法律ではないため、法的な拘束力はない。
就活において今や内々定は当たり前になっていて、周りがどんどん内々定をもらっているのに、自分だけNNT(無い内定)な状態はなかなかつらい。