ストリーミング / プログレッシブダウンロード

読み :  ストリーミング / プログレッシブダウンロード

ストリーミング(Streaming)とは、動画や音声などのマルチメディアファイルのデータのダウンロードと同時に再生ができる方式
動画配信にはストリーミング配信とダウンロード配信があり、ダウンロード配信はファイルのダウンロードが完了してからでないと視聴できず、ファイルサイズが大きい動画を視聴するには時間がかかるという欠点があるが、ストリーミング配信はダウンロードと同時に再生が可能であるため、ファイルのダウンロードが完了していなくても視聴できるというメリットがある。

ストリーミングとプログレッシブダウンロードの違い

YouTubeやニコニコ動画など多くの動画共有サイトでストリーミングが用いられているが、厳密にはYouTubeとニコニコ動画はプログレッシブダウンロードを使用している。
プログレッシブダウンロードはストリーミングと同じくデータのダウンロードと同時に再生ができる方式であるが、HTTPを使ってファイルをダウンロードしており、データを一時ファイルとして保存し、キャッシュ(データの一時保存)が残っていれば再生にキャッシュされたデータを使用できるため、次に同じファイルを再生する時はスムーズな再生が可能となり、サーバー側の負担も減る。
プログレッシブダウンロードはストリーミングと方式が似ていることから、疑似ストリーミングとも呼ばれる。

ストリーミングは基本的にデータはキャッシュせず、再生後に破棄するようになっており、キャッシュを残すか残さないかがストリーミングとプログレッシブダウンロードのひとつの違いとなる。
著作権の観点から考えると、一時的とはいえデータを保存するプログレッシブダウンロードは問題があると指摘されるが、著作権を侵害しない場合は効率化のためのデータの一時保存は合法化されている。

分かりやすい区別としてはストリーミングは生放送、プログレッシブダウンロードは動画共有サイトなど録画された動画の再生でよく使われている。
YouTubeではライブストリーミングサービス・YouTube Liveを提供しており、ストリーミングも行っている。