クラウドソーシング

読み :  クラウドソーシング(Crowd Sourcing)

クラウドソーシングとは、インターネットを介して不特定多数の人に業務の受注者の募集をかけることを意味する。インターネット上で業務受注者の募集をかけられるWebサービスをクラウドソーシングサービスと呼ぶ。
※「Crowd(クラウド)」は「群衆」、「Sourcing(ソーシング)」は「業務委託」を意味する。

クラウドソーシングサービスではWeb制作、アプリ開発、システム開発、デザイン、ライティングといった業務の募集が行われており、募集している人数は1人から複数人まで様々で、複数人の受注者で共同作業を行う案件もある。

クラウドソーシングの募集形態

クラウドソーシングでの募集形態は複数あり、プロジェクト、タスク、コンペなど募集形態によって受注者を決定する方法や業務の進め方が異なる。

・プロジェクト
Web制作やアプリ開発、システム開発、ライティングなど、特定のスキルを要する案件が多い。プロジェクトを一から十まで受注するもの、プロジェクトの一部を受注するもの、長期で受注するもの、短期で受注するものなど、プロジェクトによって依頼内容や期間が異なる。

・タスク
データ入力、文字起こしといった特定のスキルを要しない、簡単な案件が多い。スキルを必要としない分、プロジェクトよりも報酬が低めに設定されているが、作業が簡単であること、空いた時間に作業できる案件が多いことから、副業として受注することも可能。

・コンペ
クライアントは提案された作品の中から気に入ったものを選び、報酬を支払う方式。主にロゴ画像などデザイン関係の案件が多く、作品やアイデアが採用された応募者のみに報酬が支払われる。