スモールビジネス

読み :  スモールビジネス

スモールビジネスとは、規模が小さいが優良なベンチャー企業や中小企業を意味する。
ただ単に規模が小さいビジネスをスモールビジネスと呼ぶのではなく、少人数、小資本ながら質の高いサービスを提供するビジネスを差す言葉として使われる。
インターネットの普及と技術の向上でスモールビジネスの可能性が広がり、インターネットを活
用したスモールビジネスも多数存在する。

大企業のような何百人もの従業員を抱え、何十億円もの売上を得る大規模なビジネスに対し、スモールビジネスはスタッフは少人数、資金は少なめでも優良で小回りの効くサービスを提供することができる。
ニッチな分野や市場は大手企業が手を出しにくいため、スモールビジネスを目指す事業者にとってニッチな分野や地域に密着したサービスは狙い目。
反対に参入しやすい分野や市場は価格競争が起こりやすく大手も参入しやすいので、スモールビジネスでは避けるべきと考えられる。