五月雨式(さみだれ式)

読み :  サミダレシキ

五月雨式(さみだれ式)とは、5月の長雨=梅雨のように物事が断続的にだらだらと続くことを意味する。
五月雨式はビジネスで使われる言葉で、案件や要件の連絡を一度で完結せず、複数回に分けて連絡したり、分割して納品する時などに使われる。

「五月雨式ですいません」「五月雨で申し訳ありません」と言われた場合は、連絡や納品が複数回に分かれてしまったことをお詫びします、という意味で解釈する。
主にビジネスメールで使われる。