パラレルワーク

読み :  パラレルワーク

「Parallel(パラレル)」は「平行の」という意味の英単語。パラレルワークとは、平行して複数の仕事をする、複数の収入源を得ることを意味する。副業は本業以外で副収入を得ることを指すが、パラレルワークは主となる収入源を複数持つことを意味するため、副業とは異なる。パラレルワークで働く人をパラレルワーカーと呼ぶ。

パラレルワークは和製英語で、おそらく経営学者ピーター・ドラッカーが提唱する「パラレルキャリア」から派生した言葉であると思われる。
パラレルキャリアとは

クラウドソーシングが普及していること、在宅ワークの幅が広がったことにより、複数の仕事で収入を得るパラレルワークがしやすくなっている。終身雇用が当たり前でなくなった今、組織に頼らず、自分の力で稼ぐ道を選ぶ人が増え、新しい働き方として注目される。

ひとつの仕事に頼るとその仕事が途絶えたときに収入がゼロになるリスクがあるが、パラレルワークは複数の主収入を確保することでリスクを抑えるメリットがある。副業だと本業に比べて収入が少なくなりがちだが、主収入を複数持つパラレルワークは収入の安定性が高い。会社員はリストラの憂き目に合う可能性もあるため、そうしたリスクに備えるためにもパラレルワークが注目される。

在宅のパラレルワークは収入だけでなく、自分の人生の充実、仕事の家庭との両立ができるという点もメリットとしてあげられる。フリーランスが収入のリスクを分散するために、パラレルワークで複数の収入源を持つのも働き方のひとつである。