ワンオペ

読み :  ワンオペ(ワン・オペレーション)

ワンオペとは、ワン・オペレーションを略した言葉。
ワン・オペレーションはアルバイト(主に飲食店)が人出が足りない時間帯(主に深夜)に、一人でシフトに入って業務を行うことを意味する。
某大手飲食チェーン店が深夜に休憩なしで長時間アルバイト一人に業務を行わせていたことが発覚し、ワンオペという言葉が広く知られるようになった。

「Operation(オペレーション)」は「操作、稼働、運転」といった意味の英単語で、「One operation(ワン・オペレーション)」は本来は「一瞬で、すぐ終わる」といった意味だが、行動マニュアルを効率化することで一人で業務をこなせるようにする方法という意味で使われる。