MTG(ビジネス用語)

読み :  エムティージー

MTGとは、ビジネスにおいて「Meeting(ミーティング)」を略した言葉として使われる。
例えば「14時からMTG」と書かれていたら、「14時からミーティング(会議)」、「社内MTG」なら「社内ミーティング」という意味である。発音すると「エムティージー」なので「ミーティング」より長くなってしまうが、予定表やホワイトボードなどに書く時は、ミーティングや会議と書くより簡単なので早く書ける。

社会人になってから「Meeting(ミーティング)」をMTGと略すことを知った方が多いかと思う。知らないと「(MTG・・・?何の略だろう・・・)」と思うことだろう。MTGは主にメールで使われる略語であるため、メールでは意味を聞きづらいかもしれないが、分からないままやり取りして後々恥をかくより、その場で聞いておいた方が良いだろう。

海外では「Message(メッセージ)」をMSGと略したり、子音を残した略記がよく使われる。子音のみの表記であることと、ビジネスで使う用語であることから、MTG=Meetingと予想する・・・のは少し難しいかもしれないが、子音を遺した略語が多いことを頭に入れておくと予想できる可能性が高まる。ただ、ビジネスにおけるFBは「Feedback(フィードバック)」の略だが、Facebookの略ともとれるので、分からないビジネス用語はその場で聞く、またはその都度ネットで意味を調べた方が良いだろう。

他のMTGの略としては、アメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が発売しているトレーディングカードゲーム『Magic: The Gathering(マジック:ザ・ギャザリング)』がある。ちなみに「マジック:ザ・ギャザリング」は世界初のトレーディングカードで、『ポケットモンスター』や『遊☆戯☆王』にも影響を与えている。