リーンスタートアップ

読み :  リーンスタートアップ(Lean Startup)

リーンスタートアップとは、新規事業のスタートアップ(立ち上げ・起業)におけるマネジメント手法で、仮設構築、検証を短いサイクルで繰り返して少しずつ商品・サービスを改良していき、最適なニーズを探る手法である。
スタートアップ時に綿密に立てた計画でも無駄になることが多いため、スタートアップした後に小さな失敗と検証を繰り返しながら、ユーザーや市場が本当に求めている商品・サービスに少しずつ近づけていくことで、結果的に無駄を省いたスタートアップができるという考え方である。
スタートアップしたものの現状では成功が難しいと判断した場合は早期に軌道修正をし、フィードバックにかける時間を最小限に抑え、机上の空論に時間をかけるのではなく、ユーザーの声やニーズなどデータを計測して最良の状態へと昇華していくのがリーンスタートアップのポイント。

リーンスタートアップはアメリカの起業家エリック・リース氏が提唱した言葉で、「Lean」は英語で「無駄がない、効率的な」という意味があり、リーンスタートアップは直訳すると「無駄がない起業」という意味になる。
リーンスタートアップはトヨタ自動車が生み出した生産の無駄を省いたトヨタ生産方式を元に考えだされたリーン生産方式が元になっており、元をたどればトヨタ生産方式に行き着く。

リーン・スタートアップ
リーン・スタートアップ