インセンティブ

読み :  インセンティブ(Incentive)

インセンティブとは、「(目標を達成するための)刺激」や「動機」、「誘因」を意味する言葉で、企業や組織において人の意欲を引き出すための報奨制度や表彰制度などを意味する。インセンティブは人が行動する際の内的欲求を刺激し、やる気を引き出すことを指す言葉であるため、報奨金や奨励金に限らず、表彰など金銭に関係しない策もインセンティブに含まれる。

※「Incentive(インセンティブ)」は英語で「刺激、動機」を意味し、日本ではカタカナ英語として使われる。

企業において、従業員の意欲を引き出すためにインセンティブが導入されている。
たとえば一定のノルマを達した従業員に報奨金を支給するなど、内的欲求を刺激して意欲を引き出すための施策が行われている。他には昇給、昇進、労働条件改善、自社株購入権の付与など、企業によってインセンティブに対する報酬が異なる。
給与とは別に報奨などが得られるため、頑張って結果を出した分だけ自分のプラスになるため、インセンティブは頑張るための動機付けとなる。企業にとっては従業員が結果を出すことで利益アップが期待できるため、お互いにメリットが得られる。

プロスポーツ選手においては、成績に応じて給料が上下する出来高制で契約した場合、成績が給料に大きく関係するため、モチベーションアップに効果を発揮する。反対に、ノルマを達成できなかった場合に減棒する契約をする場合もある。