ハレーション

読み :  ハレーション / Halation

ビジネスにおけるハレーションとは、「周囲に影響を与えること」を意味する。主に「周囲に悪影響を与えること」を意味し、なんらかの出来事によって引き起こされる悪影響を指して使われる。「ハレーションが起きた」=「悪影響を及ぼした」、「ハレーションしないように」=「穏便に済ます」という意味である。

もともと「Halation(ハレーション)」は写真用語で、強い光の影響で被写体の周囲が白くぼやけてしまう現象を指す。そこから転じて周囲に悪影響を与えるという意味で、主にビジネスシーンで使われるようになった。

ビジネスにおけるハレーションの原因はさまざまで、部署同士の摩擦、社長交代による権力構造の変化といった社内での出来事から、首相の発言、政府の政策など、政治に絡んでビジネスに悪影響が出たときなどに使われる。ハレーションは周囲になんらかの悪影響を及ぼす言葉として使われるので、ポジティブな言葉ではない。