フィジビリティ(フィジビリティスタディ)

読み :  フィジビリティスタディ(Feasibility study)

フィジビリティとは、新規事業やプロジェクト、政策などが実現可能かどうかを検討するために、事前に行う調査・研究を意味する「フィジビリティスタディ(Feasibility study)」を略した言葉。日本語では「実行可能性調査」「事業化調査」と訳され、「Feasibility study」の頭文字をとってF/Sと略記されることもある。フィージビリティと伸ばして発音したり、フィジビリと略されることもある。

基本的には実行するかを判断するための調査がフィジビリティだが、ビジネスシーンでは実験的にやってみようという意味で使われることもある。フィジビリティはマーケティング用語としても使われ始めている。

ファジビリティ・スタディは新規事業やプロジェクトの実現性を調査するためのものであるため、結果次第では計画している事業内容を変更したり、計画そのものが却下される場合もある。フィジビリティ・スタディは数週間〜数ヶ月の期間で行われることが多いが、数年にわたって行われることもある。

調査する範囲は事業やプロジェクトによって異なるが、業界の動向、市場調査、競合状況、政治、法制、規制、経済、文化、言語など様々な環境から実現可能性を測定する。技術開発、販売計画、採算性、資金調達といった財務面の調査も事業を成功させる上で欠かせない重要なファジビリティとなる。