エビデンス

読み :  エビデンス(Evidence)

エビデンスとは、「証拠」「根拠」を意味する英語の「Evidence」を日本語表記したカタカナ語。ビジネスシーンでは主に「証拠」という意味で使われる。ビジネスでは言った言わないのトラブルを防ぐために、口頭で済ませるのではなく、見積書、納期変更の確約書、やり取りを行ったメールを残す、会話をボイスレコーダーで録音しておくなど、形としてエビデンス(証拠)を残しておくことが必要となる。

例えば上司に「エビデンスを残すためにメールでやり取りしておけ」とか、「エビデンスはとってあるんだろうな」と言われたら、やり取りの「証拠」を残しておけと言われているのだと解釈する。メールをエビデンスとするなら、相手にも証拠として残るため、不用意な内容を送るとトラブルになった際にエビデンスにされることも考えられる。