エバンジェリスト

読み :  エバンジェリスト(Evangelist)

エバンジェリストとは、本来はキリスト教における「伝道者」という意味であるが、ビジネスにおいて自社の製品・サービスを使うことで得られるメリットや、どのように開発されたのかを顧客・ユーザーに分かりやすく伝える人を指す。
ビジネスにはエバンジェリストという肩書きがあり、主に自社のIT技術を顧客・ユーザーに伝える人をエバンジェリストと呼んでいるが、IT企業以外でも使われている肩書きである。ビジネスにおけるエバンジェリストには宗教的な意味は含まれていない。

エバンジェリスト=伝道者と表現すると難しい肩書きに思えが、自社の製品・サービスを技術的な側面からもPRする役割を担う人を指す。開発者がエバンジェリストの役割を担うことも多く、製品・サービスに導入されている技術の解説も織り交ぜながら分かりやすく説明することで、製品・サービスの価値を広く知ってもらうことが目的である。

ちなみにエバンジェリストのスペルは「Evangelist」であり、アニメの『エヴァンゲリオン(EVANGELION)』のスペルと似ているが異なる言葉である。「Evangelion」は「福音」という意味で、ギリシャ語の「Euangelion」に由来する言葉。エバンジェリストもエヴァンゲリオンもキリスト教に由来する言葉であるという共通点がある。