CYOD

読み :  シーワイオーディー

CYODとは、「Choose Your Own Device」を略した言葉で、会社が指定した数種類の機種の中から従業員が使いたい機種を選び、その端末を仕事でも私用でも使うことを認めることを意味する。CYODはノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末を会社が貸与する、または従業員が購入する場合もある。

CYODのメリット

会社に私物デバイスを持ち込んで使用するBYOD(Bring Your Own Device)はセキュリティ管理とサポートの難しさが課題となるが、CYODは会社が管理可能なデバイスを選択肢として提案するため、セキュリティ対策とサポートがしやすいというメリットがある。同じく会社が用意した業務用端末の私的利用を認めるCOPE(Corporate Owned, Personally Enabled)も同様のメリットがあるが、CYODの方が従業員がデバイスを選択できる点でCOPEよりも自由度が高い。

会社に無断で私物デバイスを業務で使用したり、個人のSNSを業務に使用するシャドーITが問題となっており、BYODを禁止しても無断で使用する従業員は多いためシャドーITの根本的解決にはならない。そのため、会社側である程度セキュリティ管理やサポートができるCYODやCOPEといった利用形態が注目されている。

関連用語