CtoC / C2C

読み :  シー・トゥ・シー

CtoCとは「Consumer to Consumer」を略した言葉で、C2Cとも表記される。
ネットオークションやオンラインフリーマーケットなど、個人間や消費者同士で行う取引を意味する。
BtoB(Business to Business:企業間取引)やBtoC(Business to Consumer:企業と消費者間の取引)の一種で、ネットオークションをはじめとする個人間で商品を売買できるサービスをCtoC、またはC2Cと呼ぶ。
※「Consumer(コンシューマー)」は「一般消費者」という意味

PaypalやSquareといった個人向けのオンライン決済ツールの普及により、個人間で売買するCtocが容易になってきている。
「Yahoo!かんたん決済」のように口座番号を取引相手に知らせずに決済ができるサービスなど、決済を仲介・サポートしてくれるサービスもある。

関連用語