コンプライアンス

読み :  コンプライアンス(Compliance)

コンプライアンスとは、ビジネスにおいては「法令遵守」を意味する言葉。ビジネスにおけるコンプライアンスは、企業が社会規範に反することなく,法律や企業倫理を守って企業活動を行うことを指す。不正会計、不正入札、脱税、申告漏れ、所得隠し、食品偽装、リコール隠し、環境汚染など、法律違反や社会モラルに反する企業による不祥事が増加したことから、コンプライアンス=法令遵守という言葉が広く使われるようになった。ビジネスコンプライアンスとも呼ばれる。

※「Compliance(コンプライアンス)」は「応じる、従う」を意味する「Comply(コンプライ)」の動詞形で、「応諾、追従、順守」を意味する。医療の分野では、「服薬遵守(処方された薬剤を指示に従って服用すること)」を指す。

コンプライアンス=法令遵守は言わば当たり前のことだが、違法行為はもちろんのこと、倫理に反する行いをすると会社の信用やブランドイメージを失ってしまうため、リスク回避のために社内規程やマニュアル、企業倫理をどう整備するかが企業が取り組むべき課題となっている。長年築き上げてきた信用も、ひとつのコンプライアンス違反、または一人の社員の軽率な行動によって一気に信用が失墜してしまうことがある。SNSが普及した現在、社員個人のアカウントによる炎上でも会社の信用を失ってしまいかねないため、SNSに対するコンプライアンスも企業の課題である。