キャリアパス

読み :  キャリアパス / Carrer Path

キャリアパスとは、目的の職位(ポスト)や職務に就くために必要となる業務経験やスキルをどのように積み上げていくのかを考え、計画することを意味する。キャリアパス(Carrer Path)は直訳すると「経歴の道」という意味で、つまりは具体的なキャリアプランを考えることを指す。

終身雇用が当たり前だった一昔前はひとつの会社で定年まで務め上げ、その中で会社がしかるべきポストを用意してくれていたが、終身雇用が崩壊した現在、転職によってキャリアアップを目指すことが当たり前となった。
会社がキャリアを考えてくれるという時代は終わり、目的のポストや職務に就くためには自身でキャリアパスを考えなければならない。

企業がキャリアパスを提示する場合、社員一人ひとりに目的意識を持って業務に取り組んでもらいたいという狙いがある。キャリアパスを考えることでこれから身に付けるべき経験やスキルが明確になり、意欲を持って業務に取り組む姿勢が芽生える。

転職を有意義なものとするためには目的のポストや職務に就くために要する期間、経験やスキルを考え、自身でキャリアパスを計画する必要がある。仕事に対してモチベーションが上がらない時は、5年後、10年後のキャリアパスを考え、今すべきことは何かを自身に問いかけることで仕事に対する意欲を高めるのもひとつの解決法である。