カニバリゼーション

読み :  カニバリゼーション / Cannibalization

カニバリゼーション(Cannibalization)とは、「共食い」という意味の英単語で、マーケティング用語で自社製品同士が競合してシェアを奪い合い、「共食い」状態になることを意味する。
自社の新しいブランドが既存のブランドと競合し合う状態、自社のサービス同士がシェアを奪い合うなど、自社内の製品・サービス・ブランド同士が侵食し合った結果、売上が減少してしまうことがある。
「カニバる」と略されて使われることも多い。

カニバリゼーションを回避するには、既存の商品・サービスとは異なるターゲット、異なる市場で展開する必要があり、そのためには事前の市場分析が必要となる。

反対に、あえてカニバリゼーションを起こすことで他社製品の参入を防ぐという戦略もある。