アジェンダ

読み :  アジェンダ(Agenda)

アジェンダとは、「予定表」「備忘録」を意味する英単語で、会議における「議題」「議事日程」や、政治・政策的な分野で「検討課題」「行動計画」といった意味で使われる。

アジェンダは使うシーンや分野によって意味合いが変わり、例えばビジネスシーンで上司に「会議のアジェンダを作っておいて」と言われたら、会議での「議題」を作っておいてくれという意味で使われる。つまり、会議でやるべきことをまとめたものがアジェンダである。

アジェンダとマニフェストの違い

ある政党が選挙で「これが我が党のアジェンダです」と述べた場合、「行動計画」を意味して使われる。マニフェストは政権を取った際には選挙前に表明した政策の実現を約束する=公約の意味で使われる言葉であるのに対し、アジェンダは政権を取ってからこういうことをしますよ、と予定している政策を示す意味で使われる。

マニフェスト=公約アジェンダ=政策課題・行動計画という意味なので、厳密にはマニフェストとアジェンダでは意味が異なる。