ユニークユーザー

読み :  ユニークユーザー(Unique users)

ユニークユーザーとは、集計期間内にWEBサイトに訪問したユーザーの数を指す。ユニークユーザーをカウントする際は、同一のユーザーが複数回アクセスしても1回のアクセスとしてカウントする。WEBサイトに訪問したユーザー数=訪問者数を知るために用いる指標で、「Unique Users(ユニークユーザー)」の頭文字をとってUUと略される。
※「Unique(ユニーク)」は「唯一の」という意味の英単語で、「独特の」という意味もあるが、ユニークユーザーの場合は一般的に使われる「ユニークな」=「変わった」という意味ではない。

ユニークユーザーはIPアドレス、Cokkie、ホスト名などでカウントされているため、ユーザーがCookieを拒否している場合などは正確な数を計測することができない。他にも1人のユーザーが異なる2台のパソコンや、パソコンとスマホなど異なる2つ以上の端末でアクセスした場合はそれぞれ1ユニークユーザーと計測されるため、必ずしもユニークユーザー数が正確な訪問者数がカウントされるわけではない。

ユニークユーザーとページビューの違い

ページビューと混同しがちだが、ページビューは同一のユーザーが複数回アクセスしたらアクセス分だけカウントするのに対し、ユニークユーザーは同一ユーザーのアクセスは1回にアクセスとしてカウントするためそれぞれ数が異なり、通常はページビューよりもユニークユーザーの方が数が少なくなる。訪問者数ではなくWEBサイトが表示された回数を調べる時はページビューを、WEBサイトに訪問したユーザー数を調べる時はユニークユーザーを参考にする。

ユニークユーザーと訪問数(訪問者数)/セッションの違い

訪問数(訪問者数)はWEBサイトに訪問したユーザー数を全てカウントするため、同一のユーザーの複数回アクセスもそのままカウントされる。同一ユーザーの複数回アクセスは1回とカウントするユニークユーザーとは異なる。

訪問数(訪問者数)とセッションは同じ意味で、Googleアナリティクスでは訪問数をセッションと表示している。Googleアナリティクスではユーザーが一旦サイトを離れても30分以内に再びサイトに戻ってきた場合は同一セッションとしてカウントされるが、30分以上経過して再訪問した場合は新しいセッションとしてカウントするため、時間経過もセッション数とユニークユーザー数に関係している。