RPM(インプレッション収益)

読み :  アールピーエム / Revenue Per Mille

RPMとは、インターネット広告において「インプレッション収益(Revenue Per Mille)」を意味する略語である。
広告表示1,000回あたりの見積もり収益額を表す略語で、見積もり額をベースにしているため実際の収益額と異なる場合がある。

見積もり収益額ではあるが、RMPの数値が高いほど収益性が高いことを示している。
RPMは見積もり収益額をページビュー数(表示回数、クエリ数)で割り、1,000 を掛けて算出する。

※インターネット広告における「インプレッション」は、広告が表示された回数を意味する
※Google AdSenseの英語ページでは、RPMは「Revenue Per Thousand Impressions」と表記されているが、「Mille」は「Thousand(1,000)」のことなので意味は同じ。

Google AdSenseのレポートには「ページRPM」という項目があるので、そこで確認できる。
レポートには「インプレッション収益」という項目もあるが、そちらは広告表示1回あたりの収益なので、広告表示1,000回の収益を表すRPMとは異なる。

RPMの計算式
見積もり収益額 ÷ ページビュー数 x 1,000 = RMP(インプレッション収益)

RPMの例
18,000円 ÷ 45,000 × 1,000 =400RPM

上の例では広告表示1,000回につき400円のインプレッション収益(RPM)となる。
広告の配置、種類、ブロックなどの改善を行った結果、ページビュー数は変わらないが見積もり収益額が増えてRPMが高くなった場合、1,000回あたりの収益が増えたと判断できる。