ROAS(広告費用対効果)

読み :  アールオーエーエス(コウコクヒヨウタイコウカ)

ROASとは「Return On Advertising Spend」の略で、日本語では「広告費用対効果」を意味する。ROASは広告掲載料1円あたりに対する売上金額を示す指標で、広告がどれだけ売上につながったかを把握するために用いられる。

ROASは売上金額を広告費用で割って算出し、ROASが高いほど効果的な広告を出稿できたことになる。ROASが1以下になった場合は広告によるマーケティングが失敗したと判断される。

ROAS = 売上金額 ÷ 広告費用 X 100%

例えば10万円の広告費用を投じ、広告によって100万円の売上があった場合は以下のような結果になる。
100万円(売上) ÷ 10万円(費用) X 100% = 1,000%

100万円の広告費用を投じ、10万円しか売上がなかった場合は以下のような結果になる。
10万円(売上) ÷ 100万円(費用) X 100% = 10%