インプレッション単価広告

読み :  インプレッションタンカコウコク

インプレッション単価広告とは

インプレッション単価広告はGoogle Adsense(アドセンス)の用語。
インプレッションは広告が表示される回数を意味する。
広告が1回表示される=1インプレッション

インプレッション単価は「表示回数1,000回あたりの単価」のことを指す。
広告主は表示回数1,000回あたりで単価を決め、
広告の表示回数によって料金が発生する仕組み。

通常Adsenseの広告はクリックされることで報酬が発生するが、
インプレッション広告は表示されることで報酬が発生する。

インプレッション単価はCPM(Cost Per Mille)と略して表記される。
Mはローマ数字で”1,000″を意味し、
milleはラテン語で同じく”1,000″を意味する。

上限インプレッション単価とは

上限インプレッション単価(上限CPM)は1,000 回の広告表示に対し、
支払う料金の限度額を設定する入札単価のこと。
入札単価が高くなるほど広告がページ上位に表示され、
表示される回数・機会が増える。